ロックと着物、情熱と青。

ヒカリシオコシ。着物好きのロック教。

生き急ぐ様と、死に遅れ行く様と。全ては過ぎ行く春の中で。

 

嗚呼、こんな時こそ、誰かに縋っていないとどうしようもなく不安だ。

 

 

 

 

 

 

 


「ばあちゃん亡くなったんだよね。」

 

 

 

 

 


彼からの電話は突然の訃報だった。

 

 

 

 

 


赤の他人だ。

彼の祖母も、彼の家族も、彼自身でさえ。

 


なのに何故だか、その声を聴いた途端にあまりに寂しくなった。

 

 

 


「そんなに思い出も無いんだけどね。」と、

呟いた彼の言葉が私の馬鹿げた感情と交わることなく宙ぶらりん。

 

 

 

 

 


誰かが死ぬということは、知らぬ間に花咲いた雑草を横目で見やる様な感覚に似ている。

通り過ぎるだけだが、余りにそれは冷たい風だ。

人の死というのは、心に魔を刺すものなのか。

気を抜くと、持って行かれそうになる。

 

 

 

 

 

 


私は守りたいのだ。無敵で、絶対的に強くありたいのだ。正義のヒーローでいたかった。

だが其の訃報を聞いて気づいた。

私は、何も守れやしないと。

強くなれないと。凡才で、理想など、現実の足元にも及ばないのだと。

 

 

 

 

 

 


誰か、誰か、誰か!

今私は初めて認める。

助けを求めているのだ。

寒い。手指が冷たい。

愛しているのだ。その感覚が、次第に体を冷まして行く。

 

 

 

 

 

 


電話越しの彼の声は、とても遠いように感じた。

 

 

 

 

 

 


もう二度と会えないかもしれない。

ふと、そんなことを思った。

 

 

 

 

 


さよなら それもいいさ

さよなら 元気でやれよ

さよなら 僕もどうにかやるさ

さよなら そうするよ

 

 

 

 

 


アジカンソラニンの最後の一節。

 

その時、瞬間的に耳の奥底、鼓膜よりももっと深いところで鳴り響いたこの曲は、それこそソラニンという映画の主題歌だった。

 

何年前だろうか。

 

 

 

調べてみたけど、まるまる9年前だ。

 

当時は、そう、まだ高校生だった。

 

確か…

 

青く霞んだ日々が脳裏に過った。

 

あの頃は、この曲を聞いても大して何も思わなかった。

 

他の曲に比べて静かだなあとか、まあ、どうせ映画の主題歌だからなとか、ミーハーな考えしか持っていなかったと思う。

 

だが、今ここまで来て…

 

9年という月日は余りに呆気なく、余りに長過ぎる。

 

齢25にして、この歌詞の重さに、

春になるとずしりと軋む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さよなら それもいいさ

さよなら 元気でやれよ

さよなら 僕もどうにかやるさ

さよなら そうするよ

 

 

 

 

 

 

 

 


もう二度と会えなくても、それでいいと、

お元気でと言って歩いて行けるような、

薄情な人間たちの季節だ。

春というのは。

さよなら、はじめましてを色濃く繰り返して、季節は巡り、私たちは歳をとる。

 


終わった瞬間に、また始まり、始まった瞬間に終わる。

退廃の美と言うのだろうか。

私たちは日々、死んではまた生まれ、生まれては死に行くを自己の中でひたすら繰り返しているのだ。

 

 

 

 

 

これは私の春の戯れ言。

 

 

 

 

 

 

 


春、と言っても昨日一昨日で北海道は冬が舞い戻って来てしまいました…。

 


路面ツルツルで事故多発…

 


北海道の方、お気をつけて。

 


これって春一番?なのか…

 


とにかく寒い。

 


さあ、私はこれから夜逃げの様な引っ越しを今日、明日で行います。

28日には、完全に退去せねばなりません。

何にもしていません。

ダンボールもありません。

 


どうか皆様、見守っていてください。

 


間に合いますように。

 

 

 

 

 

 

間に合うか?

 


とりあえず、ツムツム(私の妹)が応援に来るのを待機します。

 

 

 

 



 

 

"ソラニン"って、原作も映画も主題歌も、

全部ソラニンなんだよね。

 

調べてみたら、ソラニンってナス科の植物に含まれてるステロイドアルカロイドの一種らしい。

 

簡単に言うと毒。

 

摂取すると7時間から19時間くらいで嘔吐とか下痢とかなるらしい。

体調によっては、錯乱したり呼吸困難なったり、腎不全起きたり…

 

未熟なトマトにも含まれるとな。

 

色々と考えさせられるね。

 

実際、映画も漫画も見たことない。

 

見てみるからな。

 

桜が咲く前に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあ、さらば。

 

 



f:id:SALT_OVER:20190325114523j:image
f:id:SALT_OVER:20190325112712j:image

 

我が故郷は、天国の様に美しい。

 

 

 

 

 

春の所為

 

春だからか、非常にメランコリーな気分が続いている。

 

吹く風は冷たい。

花冷えの気配さえ、遠ざけているようだ。

 

美しければ良いとは限らないか。

 

清廉潔白であるが故の汚さも有るのではないか。

 

饐えた匂ひのする薄暗い路地裏に蔓延る色程に、美しいものは無いと、思へる時も有る。

 

春とは、其れ等が混在している。

 

だからか、妙な気分にさせられるのは。

 

春は嫌いだ。

 

何故だかとても、寂しいのだ。

 

永遠の別れを予感させる。

 

永遠なんてものは、存在しないというのに。

 

桜も嫌いだった。

 

これは過去形だ。

 

事実、好きでは無い。

 

だがしかし、拝みたくて堪らないのだ。

 

其の花姿を。

 

私も随分年を取ったのだ。

 

嗚呼、春に舞う雪か。

存外、悪くも無い。

 

最近は、余りに地に足がつかない。

 

其れも良いか。

 

全ては、

 

春の所為にしましやう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそ久しぶりにブログを書いてみた。

 

というか、書きたいことが久々にあった。

 

春は嫌い。

 

でも何故だかとっても愛しい。

 

遠き春よ〜ですね。

 

今日はこれも久々、とても美しいものを見ました。

 

f:id:SALT_OVER:20190314231135j:image

 

アンスリウムという花だそう。

 

こな花自体は、そんなに珍しくは無いみたいだけれど、この色が神秘的で。

 

凛とした空気感が漂っていて、あまりに美しくて。

 

インスタやってはいるけれど、最近は滅多に更新しない。

 

ただ単に面倒くさいだけってのもあるんだけど、

 

基本的に、心から美しいと思ったものしか、他人と共有したくないんだよね。

 

ていう、春の日の呟き。

 

さらば。

 

 

 

 

晩秋とは名ばかりの、追憶の夜もすがら。

例えば、今かな瞬間に、頭上に隕石が落ちてきたとして。

 

そんなことを夜空を見上げて考えた。

 

帰路。

 

綺麗なミッドナイトブルーだった。

 

金色の月は雲隠れ。

 

そう、雲が多い。

 

冬にしては珍しい。

 

否、晩秋の風は思っていたよりも生やさしい。

 

 

そんな中で例えば、隕石が落ちてきて吹っ飛んだとしたら、そうして死んだら

 

私はそれでも、もしかしたらそれでも、幸せなのかもしれない。

 

金もなければ、恋人もいない。

 

やりたいことだらけ、今死んだとすれば、やり残しが山積みだろう。

 

それでも、今死んだとしたら、

 

幸せな気がする。

 

死にたいわけじゃない。

 

ただ、

 

隕石が落ちてきたとしてもね。

 

幸せだと思えるような気分だ。

 

 

 

人生は短い。

 

花盛りも一瞬。

 

そして、夏は一度しか来ない。

 

人は絶対、必ず死ぬ。

 

50年だろうが、100年だろうが。

 

その一瞬を生きなければいけない。

 

この世は下界。

 

この世は苦界。

 

それでも花を咲かせねばなりませぬ。

 

咲かない花などないと信じなければならないのです。

 

 

 

f:id:SALT_OVER:20181125225347j:image

 

そんな下界は今日も美しい。

 

美しく、ありたいです。

 

死ぬ間際まで。

 

 

 

恋は水色。なんちゃって青春の一曲

無条件に、青が好きだ。

 

ツイッターでも呟いたが、

“恋は水色”という曲がある。

 

釧路では夕方17時を知らせる音楽で、

 

部活の最中、この曲を聴きながら坂道をダッシュしていた。

 

なので、良くも悪くも一生忘れない曲である。

 

”恋は水色”

 

知っている人は果たしてどれくらいいるだろうか。

 

かく言う私も、歌詞は全く知らない。

 

そもそも歌詞が存在するのか?

 

誰の曲かもいつの曲かも、日本の曲かも正直知らない。

 

部活の同級生が曲名だけ教えてくれた。

 

恋は水色、なんて悲しい。

 

単純にそう思った。

 

失恋の歌だろうか。

 

あまり好きじゃないな。

 

そう、思っていた。

 

 

 

 

今朝、いつもの様に石井ゆかりさんのツイッターの今日の運勢を見た。

 

蠍座は青。今は恋の色はピンクや赤だけど、中世ヨーロッパでは青い服で表すことがあったそうな。”

 

これを見て、恋は水色を思い出した。

 

必ずしも、悲しい恋の歌とは、限らないのだろうか。

 

 

 

 

冒頭にも言ったが、私は青が好きだ。

 

絶対的に美しく、手の届かないような高貴な色に思う。

 

少し前に、

 

アデル、ブルーは熱い色”という映画があった。

 

(私はこの映画の存在を知らず、タイトルだけ耳に入っていたのだが、しばらく、イギリスの歌手アデルのブルーは熱い色という曲名だと、本気で思っていた。)

 

この映画は、ほんっとに簡単に言うと女の子同士の恋愛の映画なのだが、主人公のアデルが恋する相手の女の子の髪が、目の覚めるような鮮やかなブルーなわけだ。

 

青というのは不思議な色で、悲しみの色でもあり、かたやヨーロッパでは恋の色であった。

 

まあ、極論、恋というのは悲しいものかもしれない。

 

けれども、やはり青は熱いのだ。

 

星も炎も、青い方が温度が高い。

 

情熱の色であり、鎮静の色でもある。

 

極端だ。

 

極端で、不完全だ。

 

青は冷静さや知的さを表す一方、未熟さを例える言葉でもある。

 

恋は水色。

 

ぜひ、皆さん聞いてみて。

 

以上🐧🐧🐧

 

 

曇天日和。

 

霜月十四日

 

髪を染めた。なん年ぶりのブリーチだったろう。

がっつり色を抜いて、アッシュにした。

 

今まで、赤やら紫やらを色々入れてきたが、

ここまでハイトーンを入れたのは学生以来初めてだ。

 

担当してくれた美容師さんに何度か聞かれた。

 

“職場は大丈夫ですか⁇”

 

私は何度も答えた。

 

“大丈夫です。”と。

 

でもまあ、普通は駄目なんだろうなあとも思いながら。

駄目、というよりか、やらないだろう。

 

世間体そのものを気にする人もいるだろうが、本当は明るい色にしたいけど会社でなんて言われるかわからない。怒られたくない。同僚や先輩の目が怖い…

 

色んな理由がある。

それはひとえに、髪を染める話に限らず。

選ばない理由は、自分を守る術であり、自分を殺す術でもある。

 

入社したての頃、教育係の人に言われた。

 

“メイクが濃いです。会社ではナチュラルに。

風紀を乱さず、節度ある格好を。”

 

 

 

もちろん大事なことだと思う。

いや、嘘。

私にとって大事ではない。

そんなことは、別段、どうでもいい。

 

けれども、言ってることは、理解る。

 

だけども私は、自分を殺せない。

 

理由はただ一つ、私は私だから。

 

個性という、ワガママと紙一重でもある。

 

だけど、自分を殺してまで自分の個性を我慢してまで、会社になどすがりたくない。

 

無論、私は会社の為に働いてるのではない。

 

私の信念は、誰の為でもなく、自分の為に生きることだ。

 

誰の為にも選ばず、誰の為にも働かない。

誰にも操られることなく。

 

 

 

札幌にDr.NYというバンドがいる。

直球どストレート。

3ピースのパンクロックバンドだ。

彼等の曲に、ニワトリ人間というのがある。

是非聞いてみてほしい。

私はこの曲が大好きなのだが、

歌詞が印象的。

 

“僕が君の操り人形だったら楽なのに”

 

そう、人形だったら楽なんだ。

中島みゆきの歌にもある。

 

“人形みたいでもいいよな。笑えるやつはいいよな”(狼になりたい)

 

皆んなそれぞれ色々ある。

人形であれば、何を思うこともなく、それでも風紀の中に身を置いて、流れに逆らう事もなく、生きられたら、まだ楽だろう。

 

疎まれる事もなく、陰口を言われる事もなく。

 

それでも私は、人形になんかなりたくない。

誰にも操られたくない。

私は、私でありたい。

例え借り物の身体でも、この命尽きるまで、“自分”という人間を全うしたい。

誰の為でもなく、自分の為に。

 

そんな風に25歳を迎えた、霜月曇天のある日のことだった。

 

f:id:SALT_OVER:20181115140110j:image

 

 

最後にフクロウと私🐧

女や酒より、サイコロ好きな四人組。

 

幸せで満ち足りた日常を過ごしてる時に

 

良い歌とか歌詞とか文章とか

 

書けないよなあって

 

思います。

 

🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧🐧

 

それだけ🐧

 

 

 

全然話変わるけど

ミッシェルのリリィが好きでカラオケでよく歌うんだけど

 

妹と一緒に行った時に歌ったら

 

「あふれかえる パスタの山 泳いでいた

混ざってゆく 混ざってゆく くさりかけだ」

 

のところで、

 

"水曜どうでしょうだ‼︎大泉‼︎''

 

ってめっちゃ大笑いしてて、確かに!と感動して🐧

 

私の中では水曜どうでしょうのテーマソングは

 

吉田拓郎の"落陽"だったけど

 

その時からプラスミッシェルのリリィになりました🐧

 

好きなものと好きなものに共通点があると

 

なんだかとても嬉しくなります。

 

自分だけにしかわからない感動があって

 

世界があって

 

それだけで、例え誰とも共有できなくても

 

何故だか幸せなのです。

 

以上。

 

f:id:SALT_OVER:20181016225640j:image

 

f:id:SALT_OVER:20181016230156j:image

 

 

 

さらば青春の光。

意外にも。

今日は眠くない。

 

だいたい、展示会の日なんて疲れ果てて

欠伸は止まらないし足はだるいしで 

もう即刻おやすみなさいなんだけど、

今日は何故か元気。

 

そういえば、昨日はミッシェル解散の日だった。

ミッシェルはもう正しいこととか、潔白紛いのものとか、嘘とか全部いらないっていうロックなんだよ、私にとっては。

余計なものは何にも要らない。

 

Last HeavenのDVD持ってるけど、容易には見れないね。

しんどくて。

なんていうか、ナンバガの解散があまりに潔いのに対して、ミッシェルの解散が何故か物凄く未練がましく見えるのね。

 

私の勘違いかもしれないけど、たぶん一番ミッシェルを愛していたアベフトシがもういないからかもしれない。

 

私の永遠の夢は、ナンバガのライブに行くことと、アベフトシに会うこと。

 

当たらずとも遠からず。

 

 

 

f:id:SALT_OVER:20181012235203j:image

話がガラッと変わりますが。

 

先日のお買い物。

 

七緒は普段あんまり好みの系統が違うから読まないのだけれど、補正の特集だったから買ってみた🐧

 

補正はね、難しいよね。

勉強になります。

キッチンペーパーとか、使えるらしい🐧

 

ストライプの半衿は歌舞伎縞の着物のに、

白地の植物柄は茶色の結城に

私にしては珍しいヒョウ柄はちょっとアンティークな紫の小紋に合わせようと買いやした🐧

 

もっと着物の着なければ…

 

ミッシェルの解散昨日ってか今日になっちゃった。

まいっか。

 

アデュー🐧